東京・札幌・オンライン
Authentic Coaching

嫌なものを見てしまったときの対処

あなたが幸せになるためのコーチングです

嫌なものを見てしまったときの対処

嫌なものを見てしまった時。嫌な方に激しく感情が動かされたときの対処法

毎日、毎晩のテレビ、新聞、ネット、SNSのタイムラインに飛び込んでくるニュースはどんな内容ですか?

ほとんどはネガティブな情報ばかりではありませんか?

とある夜、私は考え事をしていて、眠気はあるのになかなか寝付けずにいました。

ふと、SNSを開いてみると、衝撃的な映像が飛び込んできました。

いわゆるイジメの映像です。外国のものでした。

急に表示され、私はその場で激しく動揺し、心臓の鼓動が瞬間的に早くなり身体がこわばるのを感じました。

かつて私にも、サンクション=生贄=快楽的な攻撃の対象になったことがあるのです。

まず閉じる。OFFにする

テレビやラジオなら、すぐに電源を消してください。


新聞や雑誌なら閉じて捨ててください。


SNSなら、もうやめるつもりでその投稿が出ないように閉じてください。

場所を変える。離れる。時間も空間も。

室内にいるなら、その場を離れてください。


できるだけ遠くに、少しでも遠くに離れてください。


仕事中なら、お手洗いや喫煙所でも構いません。


できるだけ別の空間へ。

これが出来るだけで、多くの負の連鎖を断ち切ることができます。

呼吸を整え、自然を意識して自分をいたわる


もう少しできそうなら。

場所を変えたら、ゆっくりと深呼吸をします。

新鮮な空気を吸い込んで、嫌なものを吐き出すイメージをしてください。


一緒に、胸に手を当てて、ゆっくりとトントンとリズムを刻んでください。


呼吸とともに、姿勢もやさしく整えていきましょう。


そして、その場で可能な限り遠くを見つめましょう。


意識を自然や空に広げましょう。


もし壁しかない部屋にいても、建物は大地に深く突き刺さり、屋根は空へと繋がっています。


自分自身が、自然や地球、宇宙の一部であるイメージをできるだけ大きく広げましょう。


それでも、どうしようもない夜には

その日の夜だけはなるべく寝ない選択もあります。


これは、睡眠によって記憶を定着させる脳の働きに逆らうためです。


ベットに入らず、横にならず、部屋を明るく保ち、


なるべく寝ないようにした上で


もし寝落ちしても睡眠時間を短く浅くしてしまう方法があります。


ただし、2日、3日と続けてはいけません。


続いてしまう状況なら、「その場を一時的に離れる」ではなく


「逃げる」選択をしていいのです。

Tags: , ,